引越しのお手伝い?お騒がせ?
a0055835_20192181.jpgゆうても、我が家の引越しじゃのうて、大阪の叔母の引越し。
朝、迷惑なぐれ~はよ~から、押しかけた。
以前から叔母は、「田舎暮らし」がしと~て、でも、築100年
とか古すぎる家はダメゆうて聞いとったんじゃけど、まさか
ほんまに引越すとは、こっちもビックリじゃった。
それも、岡山に。おまけに、築5年ほど。でも田舎。
叔母にとっては、コレッ!ゆう物件じゃったそうな。
今朝は、ウグイスの声で目覚めたそうな。じゃけど、毛虫に悲鳴あげとった。田舎じゃもん、
毛虫だらけじゃわ~~。トラックが来るまで、ザッと掃除機かけて、棚ゆう棚を、ふき掃除。
そうしょうたら荷物到着。大阪から来たスタッフが2人と、岡山から○帽の手伝いが2人。
なのに、親戚は私を含め、8人が集合。大阪の叔父・叔母は、気の毒なぐれ~バタバタ
しょ~て、私も、なぜか見取り図を渡されて、家具配置の指示とか、しとったけど、
久しぶりに集合した親戚達は話を弾ませとった。
a0055835_2047083.jpg連休も、泊まりで(勝手に私らが決めとるだけじゃけど)引越しの後片付けに行く予定。そうゆうことは、大好きな両親と私。

(画像右)「カラスのエンドウ」ゆう草花が咲いとったりする。
おばちゃん、毛虫に慣れてちょ~で~よ~。
これから、なんぼでも出るで。
[PR]
by HW37 | 2006-04-27 21:04
<< 博士の愛した数式 野崎家旧宅 >>