伊部の町をぶら~り その2
天保窯を見た後は、「天津神社」へ。境内が、備前焼のもんばっかり。

a0055835_12282178.jpga0055835_1229178.jpga0055835_12293496.jpg






(画像左・中)神門の屋根も、門も備前焼。(画像右)参道も備前焼。


a0055835_1234784.jpga0055835_12343251.jpga0055835_1234492.jpg






(画像左)絵馬も備前焼!画像だけ撮らせて頂く。バチ当たり。(画像中)この神社の境内の
どこかに、備前焼でできた干支がある。私の「申」は、見つけたけど、主人のは、よ~見つけんかった。ふだん、私も、これとおんなじ格好で、ボケ~ッとしとる(いわゆる、う○こ座り)。
(画像右)備前焼作家による、レリーフも塀に貼ってある。お見事!な、神社じゃった。


[PR]
by HW37 | 2006-03-26 12:43 | そのほかあちこち
<< 家庭内事故 伊部の町をぶら~り その1 >>