伊部の町をぶら~り その1
備前焼で「備前」ゆう名前が有名じゃけど、地名は、備前市伊部(いんべ)。
いままで、町をゆっくり歩いたことなかったんで、天気も良かったし、食後、歩くことにした。

a0055835_1202576.jpga0055835_121193.jpga0055835_1211466.jpg






青い空に窯の煙突が映える。町なかにある煙突は、昨日の彼によると、昔からあるもの。
今、その煙突が壊れそうになって造りかえて~なぁと思うても、許可がおりんそうな。
電話ボックスの屋根(画像中)も、バス停の屋根(画像右)も、備前焼。

a0055835_12123192.jpga0055835_1213266.jpga0055835_12132258.jpg






(画像左)天保時代(1830年頃)に使われた天保窯。今は風化せんように、屋根や塀をして
ある。(画像中)古い窯跡があるせいか、こんな看板が立っとった。「窯跡を掘り越してる人を
見たら警察に連絡して下さい」ゆう看板もあった。(画像右)ほんまに破片発見!見るだけよ!


[PR]
by HW37 | 2006-03-26 12:21 | そのほかあちこち
<< 伊部の町をぶら~り その2 備前といえば双葉食堂 >>